スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま話題の『婚活』

「婚活」という言葉にピンとくる人、こない人、さまざまだとは思いますが、そもそも婚活とは何なのでしょうか?

1.結婚をするために自分から働きかけること
2.もしくは結婚につながるあらゆる活動

これらを婚活と呼んでいます。

結婚相談所やネットでの出会い探しなど直接結婚につながるような活動もそうですが、例えば、結婚後に役立つようにと料理教室に通うなどといったことも婚活に含まれます。ここでは、前者の直接的な活動の方を掘り下げていくことにします。

■どうして結婚するの?

そもそも何のために結婚をするのか? そのメリットを挙げてみましょう。

気持ちの安定
支えあえる人が隣にいることはキモチの面でとても安心します。

お金の安定
共働きの場合、一人分の給料でだいたい二人の生活費をまかなえてしまうので、まるまるもう一人分の給料を貯金にまわせたりします。

暮らしの安定
家事を分担したり、専業主婦になったりと生活面で支え合えます。 これらの安定が自分ひとりでまかなえているのなら、そもそも結婚などしなくてもよいわけです。

が挙げられます。

「子供がほしいから結婚する!」という方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、まずは愛あってこその結婚ですからね。

私は婚活を始めて2年になり、その間に良い出会いもありましたし、「出会うんじゃなかった!」というような出会いもありましたが、ふと我に返ることもありました。

「そういえば私、どうして結婚したいんだろう?」

結婚観というよりは、人生観の話になってしまうかもしれませんが、「結婚をする」というのは人生(あるいは生活)の土台を作ることでもありますが、まず一番に思い出さなければならないのは、「その人と一緒にいたい、その人を大事にしたい」という気持ちだということです。

婚活は、一生のパートナー探しであって、金銭面・生活面のスポンサー探しではないのです。ついつい相手の年収やら会社やら容姿やらにとらわれてしまいがちですが、ただ純粋に、その人と一緒にいたいかどうかを常に自分に問いかける必要があります。

■婚活開始!

いざ、婚活へ!…と言われても、まず何をどうすれば良いのかわかりませんよね。ここでは、婚活を始めるに当たっての最低限の3つのマナーを確認したいと思います。
1. 自分を偽らないこと。
プロフィール等、決して嘘を書いたり見栄を張ったりしないでください。嘘がバレたとき、多くのものを失い、ちっぽけな自分と対面することになるでしょう。嘘を書く位なら、等身大の自分を愛してくれる人を探しましょう。

2. 結婚の約束をしたら、即刻婚活をやめること。
パートナーへの最低限のマナーです。「もっといい人がいるかもしれない」と、こっそりと婚活を続ける人も中にはいます。しかしこれはパートナーへの裏切り行為以外の何者でもありません。「二兎追う者は一兎も得ず」です。

3. 自分磨きをすること。し続けること。
結婚相手が見つからない人は、まずこれができていないと断言できます。
外見にしろ、仕事にしろ、趣味にしろ、性格にしろ、何かが優れている人に人は魅力を感じます。自分磨きをしないで、相手に希望条件を突きつけるなどもってのほかです。また、婚活をする中で自分の魅力や欠点に気付き、成長していける部分もあります。常に自分を振り返ることを怠らず、婚活を行うべきですね。

この3つは、最低限のマナーです。これができなければ、よほど生まれもっての幸運がなければ婚活を続けても成果は出ないでしょう。

警告のような書き方になりましたが、それほど結婚をするというのは大変な道のりであり、また他人と一緒になるには相当の「誠実さ」が必要ということです。

これらを心に留めたうえで、いざ婚活へ!

 婚活で出会いを探すならこちら!! >> RINOVA STYLE
メニュー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。