スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相手が退会してくれない!その理由と対策は?

インターネットでの出会いのよくある悩みとして、「ネットで出会った人と付き合うようになったのに、相手がそのサイトから退会してくれない」というものがあります。

サイトにもよりますが、相手が退会したかどうか、さらには相手が最後に利用した日時を、プロフィール欄にある「利用履歴」の表示によって調べることができてしまいます。

調べることに多少の抵抗はあるものですが、やはり相手の誠実さを知っておきたいという気持ちはわかります。そして、相手がまだパートナー探しをしているのを知りショックを受ける…。この類のトラブルは、ネット恋愛におけるトラブルの第一位になるほど多い(著者調べ)のです。

実は、私もそんな経験があります。付き合うようになったので、一緒に退会しようと約束し、私はその日のうちに登録を辞めました。ひと月ほどして、ふと思い立って彼のプロフィールを検索してみたら、利用履歴1時間以内の表示が…。

利用履歴は、「メールを見る」「プロフィールを検索する」「サイト内を閲覧する」など、アクセスした時点で反映されます。他の誰かがメールを送ってきたりしても反映はされません。つまり、履歴が更新されていれば、間違いなく本人がサイトにアクセスしたということ。

これがすぐに別れにつながったわけではありませんが、やはり相手の誠実さを疑うきっかけになってしまいました。

■退会しない3つの理由

こうした「登録をやめない人」は3種類いると私は考えています。

 1、臆病な人 今の相手にふられた時、できるだけ辛い思いをしないための準備をしている人。

 2、軽薄な人 一人一人との出会いを大切にせず、よりよい相手を見つけたいと思っている人。

 3、プライドの高い人 容貌の良い人、経済的余裕のある人などに多いですが、自分への賛辞を期待している人。モテて気持ち良い状態を維持したい。自尊心を保つために人と出会いたいと思っている。

1の臆病な人については、出会いが簡単だっただけに、相手が誰か他の人と出会ってしまって捨てられたときに、自分一人つらい思いをするのが悔しいからという理由が考えられます。 悪く言えば保険をかけているということですね。

2のように軽薄にならざるを得ない出会いが、ネット上にはあります。なにせ、もう嫌だと思ったら、メールを返さないだけで済んでしまう話なのですから。また、こういった出会いでは、付き合うようになるまでは周囲に隠す人が多いため、秘密裏に多くの人と出会って選り好みできるメリットもあります。

3の自尊心を保つためだけというなら、回避する方法はありそうですが、それにしても浅はかな行為といえます。

■登録をやめない相手への対策は?

サイトを退会しないパートナーに対しての対策は、2つあります。
 1.相手と同じスタンスで付き合い続ける
 2.別れる

相手に未練があるという人にとっては、別れるという決断はなかなかできないかもしれません。しかし、1のように、パートナーを愛しながら他の人も探すというのも複雑なものです。

こういった場合、最終的にかなりの確率で2の結果になります。様子を見ようとだらだらと結果を先延ばしにしているうちに、あなたからではなく、相手から別れを切り出されるパターンが多くなるでしょう。

見知らぬところから始まったネットでの恋愛では、誠実さが何より大切になります。また、本当に好きになれば誰に言われずとも退会したくなるもの。退会しないのには、高い確率で良からぬ理由があるのです。 最初からつまずく恋は、何か心を変える大きなきっかけでもない限り、続くことはありません。

それでもどうしてもその人と続けたいという方。その場合には、絶対にしてはいけないことが2つあります。

 「まだ登録しているでしょ」と相手に詰め寄る その時点で相手の気持ちは冷め、溝ができ、それが埋まることは決してありません。

 利用履歴を調べる 利用履歴を調べようと思ってしまった時点で、すでにパートナーに対して信用をなくしているのでしょうね。実際、私自身は利用履歴を調べてしまった人とうまくいったことはありません。

 婚活で出会いを探すならこちら!! >> RINOVA STYLE
スポンサーサイト
メニュー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。